素肌美

腸内環境が肌の状態に影響を与える!?

投稿日:

肌の調子に食事が関係するってことは腸の状態にも関係あり?

良くバランスの良い食事が肌の調子を整えることにも良いと聞きますよね。バランスの良い食事を摂っても、それを腸などの消化器官がちゃんと吸収してくれないと意味が無いよね!?とふと思ってしまいましたww

それに体調を崩すと、肌荒れも起きやすい気がするのは私だけでしょうか?(^_^;)
たまたまだったのか、それとも実際に関係してくるのか、ちょっと気になったので調べてみました。

腸には大きな2つの働きがある!


食品から得る栄養を吸収することが、肌の健康状態に影響していることから考えてみました。すると、腸は2つの働きを持っていることが見えてきました!それは、食べ物から体が必要としている栄養分を吸収して、不要なもの(老廃物)を排出することと体に害を与える細菌やウイルスなどを便として体外に排出することだといいます。

腸の状態が悪ければ、栄養分を十分に吸収することも老廃物の排出や細菌、ウイルスの除去もうまくいかなくなり、肌の健康を保てず、肌荒れを起こしてしまうかもしれません。

腸内環境が整っているのは、どういうこと?

腸の状態が良いということはつまり、腸が綺麗で機能がうまく働いているということです。それを「腸内環境が良い状態」との言うのです。腸内環境は、善玉菌・悪玉菌の2つを善玉菌の数が多い状態でバランスを保つことが大事になってきます。

本来は、もう1つ日和見菌と呼ばれるものがあり一番多く、普段は特に何らかの影響を与えたりはしていません。しかし、数が優勢の方に変化して味方する性質を持っている変わりもののようです。
そのため、善玉菌が多い状態を保てられれば、日和見菌を味方につけて腸内環境を整えることができるといいます。

体内で善玉菌が増えることで、免疫力の向上・食べ物の消化と吸収の促進・ビタミンの合成などの働きをしてくれます。
そうすることで、腸本来の働きができて腸内環境が整うことにつながるそうです。

肌の大敵である毒素を溜めないために、悪玉菌を増やさない!


素肌美を目指す為には、毒素を溜めない体を作ることが必要になってきます。
悪玉菌が腸内で増えると、腸の機能が低下してしまうのです。悪玉菌によって作りだされた有害物質が血液中に流れて、血行が悪くなることで栄養を運ぶ力が弱くなってしまいます。

また、その血液が臓器や細胞に届いたとしても有害物質が含まれている為、そこでも機能が低下します。このように、腸内環境の悪化により代謝が悪くなります。そして新陳代謝の低下を引き起こし、体内の毒素が排出されなくなることでどんどん溜まっていくのです。それが、肌のダメージにつながってしまうといいます。

【毒素】
体内で生成され、細胞や臓器に悪影響をあたえるものの総称を指す。毒素を溜めこむことで肌荒れやシミ、シワ、くすみなどの原因や脂肪燃焼しにくい体質の原因にもなる。この毒素は、紫外線や大気汚染、煙草の煙、食生活・睡眠時間の乱れや日頃のストレスなどさまざまなことが原因となり、体内で生成される。

このようなしくみで悪玉菌が増えると肌細胞の機能も低下し、肌のターンオーバーが乱れるのです。すると、古い角質のままでバリア機能も低下しやすく、肌荒れが起きやすい肌になってしまいます…!そうならない為に、悪玉菌を増やさないことが大事になってきます!!

腸内環境を整えるために必要なこと


これほど、腸内環境が素肌美に深く関わっていることが分かった以上、私は出来ることからやっていきたいと思います!まずは、悪玉菌を増やさないように、脂肪分や動物性たんぱく質を含む肉類は控えることが良いようです。そして、善玉菌を増やすことにつながる野菜(特にイモ)や豆、きのこ類、きな粉やごぼうなどは食事に取り入れています。

他にも無理がないように適度な運動を、習慣にしています。初めは運動に慣れていないので、ウォーキングからゆっくり始めています。
こうして、腸内環境を意識して生活することで、便通も気にするようになりました。

初めは3~4日に1回の便通だったのですが、半月ちょっとで2日に1回のペースになり改善されました。その頃から、吹き出物ができても大きくならず、悪化する前の小さい状態で落ち着くようになったのは驚きました(゜o゜)!
この調子で、少しずつですが素肌美に近づいていけるよう頑張ります!!

-素肌美
-

Copyright© 素肌美途【すはだビト】~素肌美になるための途(みち)~ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.